092 生活費

生活費

生活費を上げてもらう交渉をした。

電話をかけて頼んでみた。


もちろんレコーダーは稼働中。


一方的に怒鳴られ、切られた。

もう、切られたらどうもできない。

もちろん、メールも無視ですわ。

酷い人だと思っていた。

もうこれ以上、何をすればいのかわからなかった。

当たり前のように自由にお金を使って好きなことをする旦那が許せなかった。

今考えると、前夫のお金ですから仕方ないな。

そら好きでもない女に渡したくないと思う。

子どもの分は払ってやってると思ってるだろうし。


けど、きっと私の中にはその当時は怨念、嫉妬が入り混じっていたのだろう。

なんで、好き勝手にやってるの?

誰かにわかってほしかったんだろうか。

そのドロドロ混じった感情の中でも、
ひややかに思っていることもあった。

生活費が低いから離婚しない方がましだと思われているのではないかと。

だからこそ、生活費(婚費)を上げてもらおうと思ったのだ。

前夫も、そんな無視したり激怒するくらいなら、早く離婚すればよかったのに、不思議だ。

私の悪い癖は、カチンとくると行動に出るところだ。

褒めもできるが、考えてから行動したほうがいい時もある。

その時は、離婚がしたいがために婚姻費用(生活費の請求)の調停を計画した。

しかも、あえて離婚調停はしなかった。

自分から離婚と言えば不利になる気がした。

向こうから言ってもらわなければ、
つじつまが合わなうなることも出てくるからだ。

離婚したいんです!といいながらの、
養育費ももらいたい!は矛盾に感じた。

そして、調停の段取りをした。


レコーダー関係のお店です。
↓↓↓

Nai-Nai


選ぶ方法は、

身に持っていておかしくないもの
充電できるもの
充電時間が長いもの。記録できる時間も長いこと。
動作探知機能がついている。
暗視カメラ

バッテリー型なんかいいと思います。

住所どこにするのか気を付けてね。






にほんブログ村 家族ブログへ
スポンサーサイト

テーマ : ● 決心~離婚 ● - ジャンル : 結婚・家庭生活